朋友会のホームページ
朋友会について
お問合せ
お気に入りに登録
行事予定
山行実績
FORYOU Digest
Climbers' Blog
会員用サイト
サイトマップ
花くらぶ
山の画廊
山の資料箱
山の掲示板
気になる山のサイト
RSS

第5章 オートシェイプを使う 9.山小屋を描く

※画像はクリックすると、大きく表示されます。

(3)小屋 △+□= img01.jpg

《 小屋のマークのパーツを描く 》
・△(屋根)
 [オートシェイプ]-[基本図形]-[△(二等辺三角形)]→
とすると、マウスポインタの表示が変わり、マウスをドラッグして描画出来ます。
屋根の場合は、正三角形よりも二等辺三角形の方が、バランス良いと思います。

・□(小屋下部)
 [オートシェイプ]-[基本図形]-[□(四角形)]→
とすると、マウスポインタの表示が変わり、マウスをドラッグして描画出来ます。
正四角形を描く場合は、[shift]キーを押しながらドラッグします。

・小屋 △+□ を、描画する場合
 1)尾根線・水線上に いきなり描画せず、離れた所で まず描画します。
 2)小さいと描きにくいので、大き目に描画しましょう。
 ※03年会報部主催PC教室では 「 [図形の調整]→[位置合わせ]→[グリッド]をオンにして、グリッドを利用 すると描き易い 」 と、教わりました。
 3)[線の色] [線のスタイル] [塗りつぶしの色] は、△(山頂)・○(小ピーク等)に準じる。


《 パーツを[グループ化]する 》
 尾根線・水線と同じく、画面上に描いた2つ以上の図形(△+□)を、私達は1つの絵図と見ています。
しかしPCは△・□を、独立した絵図(図形)と捉えています。 その為、[グループ化]して「1つの絵図(図形)」と、PCに認識させるのです。

最初に、対象となる図形を、選択する
△の所をポイント(マウスポインタを置く)すると、「上下左右4方向の→(矢印)」が表示されます。その状態でクリックすると、「四隅と、四辺の各中間に、小さな□(四角)」が表示されます。
その状態のまま、キーボードの[shift]キーを、押します。押し続けたまま、□をポイント~クリック。これで、△(屋根)と□(小屋下部)を、選択した状態になります。

画面の図形描画 機能の、[図形の調整]→[グループ化]→。
これで、[グループ化]されます。
img02.jpg


《 色分けして、小屋を分類する 》
「山小屋」には、「営業小屋」と「避難小屋」が有ります。更に「営業小屋」には、「通年営業」と「期間営業」が有ります。
昭文社『山と高原地図』の凡例に倣(なら)い、色分けして小屋を分類すると、誰が見ても分かり易いでしょう。
山小屋(通年営業)=△+■、山小屋(期間営業)=▲+□、避難小屋=△+□

色分け=配色の変更も、[グループ化]する前と、[グループ化]した後の、2通りの方法が有ります。

1)[グループ化]する前の、色分け=配色の変更
・山小屋 3種類の内、1種類だけを使う場合
△・□を描画した際に、[塗りつぶしの色]→[黒(色)]→[OK]→。これで、最初に配色を変更した△+■又は▲+□を、作ります。
・山小屋 3種類の内、2種類以上を使う場合
まず、△・□を描画。次に、必要な種類数に応じて、各々を[コピー]→[貼り付け]→。
△・△・△・□・□・□と、します。それから[塗りつぶしの色]→[黒(色)]→[OK]→。
これで、配色の違う△・▲・△・■・□・□を、作ります。
どちらも、こうして配色を変更してから、[図形の調整]→[グループ化]→します。

2)[グループ化]した後の、色分け=配色の変更
 前ページの方法で、まず[グループ化]した小屋を1つ描画します。
次に、必要な数や種類に応じて、[コピー]→[貼り付け]→。[貼り付け]られた小屋を、ポイント~クリック。
 画面の図形描画 機能の、[図形の調整]→[グループ化]→[グループ解除]→。
これで、[グループ化]する前の状態△・□に戻ります。

 それから先述の、[グループ化]する前の、色分け=配色の変更を、行ないます。
必要に応じて[塗りつぶしの色]を変更後、[グループ解除]した△・□を選択して、再び[図形の調整]→[グループ化]→。
img03.jpg


 今回は、△・○・□といった[基本図形]の描画、[コピー]して[貼り付け]する方法、図形をドラッグして配置する方法、[グループ化]、[塗りつぶしの色]の変更、[グループ化]した図形の[グループ解除]、[グループ解除]した図形を再び[グループ化]する方法を、書きました。

 次回は、その他の記号等の描画方法、図形のサイズ変更、記号の図中への配置などを、説明するつもりです。 -つづく-







※本資料は、FORYOU No.407(2008年4月号)掲載の「PC(パソコン)での概念図の描き方(投稿者:G-Ⅳさん)」を、HP管理者BaseCampがホームページ用に再編集したものです。
本文中のパソコン操作は、Microsoft Excel 2003 の例で説明しています。

このエントリのトラックバックURLです。
ページの先頭へ戻る
本サイトについて
更新履歴 2016/02/16 21:50