朋友会のホームページ
朋友会について
お問合せ
お気に入りに登録
行事予定
山行実績
FORYOU Digest
Climbers' Blog
会員用サイト
サイトマップ
花くらぶ
山の画廊
山の資料箱
山の掲示板
気になる山のサイト
RSS

雪山に習う 北泉ヶ岳~後白髭山~定義

画像は、クリックすると大きく表示されます。

【稜線の風さんからのお便り】
2月6~7日、5人で北泉ヶ岳~後白髭山~定義の縦走を実施した。
9:20泉高原スプリングバレースキー場上部をスタート。
穏やかな天候の中、北泉ヶ岳山頂を目指す。




三叉路直近を巻き込み夏道の西側斜面を直登し北ケ岳山頂到着(11:00)
ここから鞍部まで一気に滑り込み昼食とする。

三峰山までは青空ものぞき、遠くの山並みや仙台市街地を楽しみながら快調に進む(山頂着15:00)。

細尾根を慎重にくだり、蛇ケ岳との三叉路を後白髭へ廻りこんだ樹林帯を幕営地とする(16:00)。
深夜風が強まるも温かい夜をすごす。


翌日はゆっくり(9:00)のスタートで後白髭山を目指す。

おりからの強風に何度も耐風姿勢をとりながらもついに後白髭山頂に立つ(10:00)。

ここからがMリーダーの真骨頂。
ガスで視界の悪い中、的確なルートファインディングでパーティを導いてくれる。

刻々と変わる雪質と格闘しながら高度を下げていく。

麓夏道区間はカリカリに凍っておりスキーで降りるには厳しいコンディションだが、最後の力を振り絞り定義登山口に着く(13:30)。


稜線の風


 
B.C.


ぶなさん さんからのコメント at 2016/02/15 08:37

素晴らしいの一言に尽きます、ご成功を祝します。
蛇が岳分岐左折の樹林帯、たしか2年前かな、遭難騒ぎがあったことを思い出します。天候に恵まれよかったです。
このコースはかって、小生の夏山定番、後ろ白髭~空沢は春山定番でした。ブログで思いで深いコースに思いを巡らすのも山の楽しみです。
ありがとう、ありがと・ありがと、です!!!!。

稜線の風 さんからのコメント at 2016/02/15 22:10

ぶなさん

心温まるコメントありがとうございます。
ぶなさんがおっしゃるとおり天候に恵まれました。

未熟者ではありますが、諸先輩の背中を追いかけ少しずつスキルアップしたいと考えております。これからも、変わらぬご指導賜りますようお願い申し上げます。

このエントリのトラックバックURLです。
ページの先頭へ戻る
本サイトについて
更新履歴 2016/02/16 21:50